歯科CT外来

歯科用CTとは

歯科用CTを使って撮影する事で、今までのレントゲン撮影では見えなかったところが見えます。

歯科用CTとは、コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を得ることができる装置です。歯科用CTの三次元高画質画像を用いる事で、従来の二次元的平面のX線写真(断層方式パノラマエックス線撮影法や口内法エックス線撮影法)では判別が難しかった痛みや症状の原因を診断できるようになりました。

歯科用CTの大きな特徴

  • ・一般のレントゲンでは見えなかった顎の内部構造なども、容易に確認できる。
  • ・顎や歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認する事ができる。

インプラント治療は勿論、矯正治療、歯周病治療、親知らず、根管治療等、歯科用CTの活用により、より多くの情報が得られ、今まで以上に精密な診断が行えるようになり、より安全で確実な質の高い歯科治療を提供できる環境となったと言えます。

当クリニックの歯科用CT治療

当クリニックでは、歯科用CT・3Dレントゲンによる精密な診断を行っております。インプラント治療のみならず、歯周病、歯内療法(根の治療)、親知らずの抜歯嚢胞(膿の袋)、歯根破折などに使われております。インプラント治療を受診される患者様は、無料で撮影しています。
また、CT撮影のみでご来院頂いている患者様もいらっしゃいます。


お問い合せはこちら Tel:047-702-8364

歯科CT外来 : あべ歯科クリニック(千葉県 市川市 市川南・歯科医院、歯医者)