• どんなケースでも救いたいそれが当院の想いです どんなケースでも救いたいそれが当院の想いです
  • どんなケースでも救いたいそれが当院の想いです どんなケースでも救いたいそれが当院の想いです
  • どんなケースでも救いたいそれが当院の想いです どんなケースでも救いたいそれが当院の想いです

どんなケースでも救いたい
それが当院の想いです

NEWS

CONCEPT

治療の成功は初期の診断で8割決まります

市川駅前の歯医者「あべ歯科クリニック」では、歯科治療において初診が大変重要であると考えています。なぜなら歯科治療は、初期の診断で治療成功の成否の8割が決まるからです。そのため、当クリニックでは初診においても歯科用CTを活用するケースもあります。詳細かつ立体的な画像で口腔内を確認することで見落としがなくなり、正確な診査・診断につながると考えているからです。

また、肉眼で見えない細部に関しては、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用。経験や勘に頼るのではなく、しっかりと視認できる状態で治療を行います。歯科用CTやマイクロスコープを使用することで、正確な治療計画の立案も可能になります。

正確な診断に基づく精密な治療によって、難しい症例であっても成功率を高められるというのが当クリニックの信念です。そうした信念に基づいた治療で、多くの方のお口の健康を守れるよう努めてまいります。

DOCTOR

外科処置のスペシャリストが手掛ける最新の歯科医療
外科処置のスペシャリストが手掛ける最新の歯科医療

DOCTOR

外科処置のスペシャリストが手掛ける最新の歯科医療
院長 TEXT TEXT

当クリニックの院長は大学の歯学部を卒業後、学内の口腔外科講座を専攻した経歴があり、外科処置が得意分野にあたります。通常大学病院を紹介されるような難しいケースでも対応できることがありますので、まずはお気軽にご相談ください。

日々心がけているのは、新しい知識・技術を常に取り入れること。歯科医療は年々アップデートしているため、それを吸収し続けるのは簡単なことではありません。時には、それまでの常識が変わるほどの変化も起こります。とくにインプラント治療については日々情報が更新されていくため、それに追いつくよう日々勉強に励んでいます。

新しい技術や知識を身につければ、オペ時間を短縮できる上に患者様の負担軽減にもつながります。止まってしまえばそこで終わり。そう意識し、日々勉強会にも積極的に参加しています。

院長紹介はこちら
  • >阿部 智信
  • >阿部 智信
  • >阿部 智信
  • >阿部 智信

経歴

  • 2005年
    同年
    東京歯科大学歯学部 卒業
    東京歯科大学口腔外科講座所属
    その後東京都、千葉県の歯科医院にて分院長を経験
  • 2009年 あべ歯科クリニック開業

所属学会

日本口腔外科学会
日本口腔インプラント学会
一般社団法人日本インプラント臨床研究会
ソクラテスの会
※入会順

外科処置のスペシャリストが手掛ける最新の歯科医療

TEXTEXT

お口は体の入口ともいえる場所ですので、全身の健康を目指すうえでも、お口の健康を整えることが重要な意味を持ちます。そのため当クリニックでは必要な機材や設備を積極的に導入し、万全の治療環境を整えています。また、当クリニックで重視しているのが、「インフォームド・コンセント(説明と同意)」です。丁寧なご説明をすることに重きを置いており、メリットだけでなくデメリットもきちんとお話しし、患者様に「わからないこと」が残らないよう何度でもご説明します。どんなことでも、お気兼ねなくご質問ください。

診療はまずお話を伺うことからスタートし、現在の症状やご希望をふまえて複数の治療法の選択肢をご提示。歯科医師主導で決めるのではなく、患者様ご自身がよく考えられた上で納得できる選択をしていただきます。

また、医療機関として万全な感染予防対策も実施。来院される患者様をお守りするのはもちろん、働くスタッフも守っていきたいと考えています。今後も信頼していただける医療機関であり続けるために、日々努めてまいります。

TREATMENT MENU

「決して流れ作業にはしたくない」 これは当院が診療にあたって大切にしている想いです。最初から最後までしっかり患者様と向き合うことにより、生涯にわたってお口の健康をサポートしていきたいと考えています。

そのため、一般的な虫歯歯周病などの治療からインプラント治療親知らずの抜歯といった外科処置まで、あらゆる治療に対応できるよう研鑽を重ねています。お口についてお悩みがあれば、どんなことでも安心してご相談いただければ幸いです。